口コミランキング

ティルタ・サリ
開催日:金曜日の公演

人気ナンバーワンの舞踊団 バリ島伝統ダンス好きは必見!ティルタ・サリは、バリ島で最も有名な歌舞伎団の一つで、日本をはじめ世界各地で公演実績があります。この舞踊団を立ち上げた故A.A.グデ・マンダラ翁は、今世紀最大のバリ舞踊家としてインドネシア国内や海外にも名声が届いて

総合満足度:
3.5
技術:4.63
コストパフォーマンス:3.13
アクセス:2.63
混雑具合:2.25
クマンギ
開催日:土曜日の公演開催日:月曜日の公演開催日:木曜日の公演開催日:火曜日の公演開催日:金曜日の公演

伝統舞踊を気軽に鑑賞 バリ島伝統ダンスをもっと知りたいなら!クマンギレストランは2012年6月に新装開店したイタリアンレストラン。日本人が食べやすい洋食のほか、辛さをおさえたインドネシア料理もご用意しています。サヌールへ向かうクタのバイパス沿いにあるため、バリ島各地からアクセス

総合満足度:
3.14
技術:3.14
コストパフォーマンス:4
アクセス:3.71
混雑具合:3
キドゥリン・スワリ
開催日:金曜日の公演

目を離せないステージ バリ島観光で伝統ダンスは必見!キドゥリン・スワリはレゴンダンスのショーを行っています。バリ島のいろいろな演目が見られるバリエーション豊かなラインナップが魅力で、プンデー・ダンス、勇士の舞い、ウィーピン・ダンス、白ホシムクドリの舞い、恋の舞い、バロン

総合満足度:
3
技術:4
コストパフォーマンス:2
アクセス:4
混雑具合:3
ポンドッ・ペカッ(フロッグダンス)
開催日:金曜日の公演

カエルと王妃の物語 バリ島観光を伝統ダンスでより面白く!ポンドッ・ペカのフロッグダンスは、さまざまな演目の行われるバリ島でも、ここでしか見られない珍しい舞台です。この演目の特徴は、なんといっても分かりやすくてコミカルなストーリー。神様の怒りをかってカエルの姿になってしまった王

総合満足度:
3
技術:5
コストパフォーマンス:2
アクセス:3
混雑具合:3
セケヘ・ドロッド・トゥンドゥ
開催日:金曜日の公演

舞台で見るマハーバーラタ バリ島観光を伝統ダンスでより面白く!バリ島でツーリストにも人気のセケヘ・ドロッド・トゥンドゥの演目は、インド叙事詩『マハーバーラタ』を軸としています。スダナとウパスダナ兄弟は、アウィンダ山頂上で瞑想をし、強い魔力を手に入れようとします。パワーを授かっ

総合満足度:
3
技術:5
コストパフォーマンス:2
アクセス:2
混雑具合:3
スワラ・サクティ
開催日:日曜日の公演開催日:金曜日の公演

巨大な竹楽器 バリ島観光で人気の伝統ダンス!バリ島西部では、ここでしか見られない価値ある文化鑑賞ができます!ジェゴクとは竹で作られた巨大なガムランで、直径20㎝以上、長さが3m50cmもある竹を8本組み合わせた迫力ある姿をしています。バリ島の村人による、力強い演奏と魅力

総合満足度:
3
技術:3.5
コストパフォーマンス:2.5
アクセス:2.5
混雑具合:4
バダン・スバトラ
開催日:金曜日の公演

特徴ある伝統芸能 バリ島伝統ダンスをもっと知りたいなら!カップルや夫婦で、バリ島で有名な芸術村ウブドにてケチャダンスを鑑賞しませんか。ラーマ・シータと黄金の鹿、シータとラーワナ、シータ・トリジャタとハノマン、ラーマ・メガナダとガルーダ、サンヒャン・ジャランといった場面展開で物語

総合満足度:
3
技術:4
コストパフォーマンス:3
アクセス:3
混雑具合:2
サダ・ブダヤ(バロンダンス)
開催日:金曜日の公演

サダ・ブダヤの名演 バリ島伝統ダンスをもっと知りたいなら!多くの舞踊団の集まるバリ島ウブドでも、サダ・ブダヤはひときわ存在感を放っています。インド叙事詩『マハーバーラタ』を1930年代にバリ島で舞台のため脚色したシナリオに沿って上演しています。バリ島の文化が気になるなら、伝統舞

総合満足度:
3
技術:3.5
コストパフォーマンス:2.5
アクセス:2
混雑具合:4
オカ・カルティニ
開催日:日曜日の公演開催日:水曜日の公演開催日:金曜日の公演

オカ・カルティニのワヤン バリ島観光は伝統ダンスは見逃せない!人形と影で生き生きと語られる物語は、観客をバリ島の影の芸術の虜にするでしょう。ダランと呼ばれる語り手がワヤン(人形)を操り、ストーリーが展開していきます。オカ・カルティニの演目は、マハーバーラタの「生贄になったビマ

総合満足度:
3
技術:3.75
コストパフォーマンス:3
アクセス:2.5
混雑具合:3
クラマ・デサ・アダット・ウブド・カジャ
開催日:月曜日の公演開催日:金曜日の公演

印象的な演目 バリ島観光におすすめの伝統ダンス!儀式舞踊のサンヒャンから派生したバリ島のケチャダンスは、元来たいへん秘儀性の強いもので、芸能という形で観光客の目に触れることはあませんでした。しかし1930年代、当時バリ島に在住していたドイツ人の画家、シュピースらの助言で現在

総合満足度:
3
技術:3
コストパフォーマンス:3.5
アクセス:2
混雑具合:3